【知ってる?】白鮭・銀鮭・紅鮭・時鮭・秋鮭の違い

Thinking

「鮭って紅鮭とか時鮭とかいろいろあるけど、何が違うの?」

本記事では白鮭(しろざけ)・銀鮭(ぎんざけ)・紅鮭(べにざけ)・時鮭(ときざけ)・秋鮭(あきざけ)の違いをわかりやすく説明します

白鮭・銀鮭・紅鮭・時鮭・秋鮭の違い

まずは結論からということで、以下の表のように整理しました

名前特徴切り身の色
白鮭日本近海(太平洋側)で獲れる鮭。ピンクあっさり(脂が少ない)
銀鮭基本的には天然物は日本近海では獲れず、養殖が多い。脂がのっている
紅鮭高級な鮭。養殖に向かないので基本天然物。真っ赤脂のりがよく、味がしっかり
時鮭日本近海に早めに帰ってきた白鮭。別名「時知らず」。産卵まで時間があるので身にしっかりと栄養が残っている。ピンク少し脂がのっている
秋鮭白鮭のこと。秋に獲れるので秋鮭。別名「秋味」。産卵直前なので栄養が卵に取られている。ピンクあっさり(脂が少ない)

つまり、鮭には白鮭・銀鮭・紅鮭の3種類があって、白鮭は時鮭・秋鮭とも呼ばれる、ということです

  • 白鮭=時鮭=秋鮭
  • 銀鮭
  • 紅鮭

また、値段順に並べてみると以下のような感じです(時期によって値段は変わるので参考程度です)

  • 白鮭=秋鮭 < 銀鮭 < 時鮭 < 紅鮭

ここまで理解できればスーパーで見かけたときに「あっ、時鮭でてるじゃん、ラッキー♪」とか「今日はお客さんが来るから少し奮発して紅鮭にしよう」とか考えることができますね

スポンサーリンク

見た目の違い

一応見た目の違いについても比べておきましょう

白鮭(時鮭、秋鮭)

切り身で見ることの多い鮭ですが、魚の形で見ると立派ですね

銀鮭

銀鮭は白鮭と見た目は似ているそうです

ただし、白鮭よりも背中に黒い斑点が多いです

紅鮭

そして一番インパクトのある見た目の紅鮭です

本当に「紅(くれない)」ですね

その他の鮭について

実は鮭にはまだまだ種類があります

例えば、キングサーモン、ニジマス、…等々

「鱒(ます)」って「鮭(さけ)」なの?等を考えだすと訳が分からなくなってきますが、この辺については以前に「【意外と複雑】鮭(さけ)イクラと鱒(ます)イクラの違い」という記事でまとめたので興味がある方はそちらもご覧ください

終わりに

本記事では白鮭(しろざけ)・銀鮭(ぎんざけ)・紅鮭(べにざけ)・時鮭(ときざけ)・秋鮭(あきざけ)の違いについて説明しました

まとめると、鮭には白鮭・銀鮭・紅鮭の3種類があって、白鮭は時鮭・秋鮭とも呼ばれる、ということになります

3種類の鮭を一度食べ比べてみると面白いかもしれません

個人的にはどの鮭も脂の乗り方が異なり、優劣つけがたく美味しいと思います(今日は銀鮭、明日は紅鮭という食べ方は全然あり)

あと鮭は切り身で売っているので、調理が焼くだけで簡単なのがとても助かります

見た目も赤くてめでたいですし、鮭はポテンシャルの高い魚ですね〆

雑記
スポンサーリンク
keiyaをフォローする
けいやの雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました