【カツオじゃない?】マナガツオとカツオの違い

Thinking

カツオと思ってマナガツオを買ったけど、少し雰囲気が違う気がする…」

本記事ではマナガツオとカツオの違について説明します

マナガツオとカツオの違い

知らない人が聞くと「マナガツオって新鮮なカツオ?」と思ってしまいそうですが、結論から云えばマナガツオはカツオではありません

見た目もこの通りぜんぜん違う魚です

マナガツオの適当な写真がなかったので絵になりますが、後ろにいるのがカツオ、前がマナガツオになります

分類学上の違い

分類学上は以下のとおりの違いがあります

  • マナガツオ:スズキ目(イボダイ亜目)マナガツオ科
  • カツオ:スズキ目サバ科

要するに、カツオはサバの一種、マナガツオはイボダイの一種です

味の違い

マナガツオは白身魚で、肉質は柔らかく、味もあっさりとしています

新鮮なものは刺身にしても良いですし、焼き魚でも照り焼きでも揚げ物でもなんでもいけます

カツオは赤身魚で、身がしっかりとして濃厚な味わいです

カツオのたたきを想像してみると味がわかりやすいですね

スポンサーリンク

なぜ紛らわしい名前なのか?

以上、見てきたとおり、マナガツオはカツオと全く異なる魚です

それなのに、なぜ「マナガツオ」という紛らわしい名前が付いているのでしょうか

名前の由来には諸説あるようですが、有名なものをふたつ紹介します

真似(まね)鰹(かつお)説

関西(瀬戸内海)ではカツオが取れないから、関西版のカツオを作ろう!

ということで、カツオと同じくらいおいしい魚を、

  • カツオを真似た魚 ➡ 真似(まね)鰹(かつお) ➡ マナガツオ

と呼んだという説です

昔は「西にサケなし、東にマナガツオなし」と云われていたように、地域によって手に入る魚が違っていました

物流の歴史を感じることができる名前の由来です

真名(まな)堅魚(かつお)説

こちらの説はとてもストレートな感じですが、

  • 本当においしい堅い魚 ➡ 真名(まな)堅魚(かつお) ➡ マナガツオ

という説です

なんとなく漁師の勢いを感じるネーミングセンスです

おわりに

本記事ではマナガツオとカツオの違いについて説明しました

特に東日本側の人は西日本の人よりも「マナガツオ」に馴染みがないので、「マナガツオってカツオの新鮮版?」と勘違いしないようにしましょう

マナガツオとカツオ、味は全く異なりますが、どちらも美味しいので、店頭で見かけたら食べ比べてみると面白いかもしれません〆

雑記
スポンサーリンク
keiyaをフォローする
けいやの雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました