Tommy Emmanuel – “Bye Bye Blackbird”のTAB譜

“Bye Bye Blackbird(バイ・バイ・ブラックバード)”のTAB譜

Tommy Emmanuel(トミー・エマニュエル)が演奏するBye Bye Blackbird(バイ・バイ・ブラックバード)”のTAB譜(ギタースコア、楽譜)を作りました

採譜はPower Tab Editorです

以下のYoutubeで公開しています

採譜データ(.ptb&.pdf)は以下からダウンロード可能です(download here!)

スポンサーリンク
011_ByeByeBlackbird_TommyEmmanuel.ptb

011_ByeByeBlackbird_TommyEmmanuel.pdf
スポンサーリンク

今回の採譜に使用した動画は以下になります

このアレンジの元ネタはもちろんChet Atkins(チェット・アトキンス)です

“Bye Bye Blackbird(バイ・バイ・ブラックバード)”について

“Bye Bye Blackbird(バイ・バイ・ブラックバード)”は1926年にアメリカで作曲されました

1926年の有名な録音としては、Nick Lucas(ニック・ルーカス)Gene Austin(ジーン・オースティン)などがあります

以下はNick Lucasバージョンの”Bye Bye Blackbird”です

“Bye Bye Blackbird”はその後、主にジャズにおけるスタンダードナンバーになり、1926年以降もMiles Davis(マイルス・デイヴィス)、Joe Cocker(ジョー・コッカー)、Paul McCartney(ポール・マッカートニー)等の著名なアーティストにカバーされ続けています

日本ではKOKIAアルバム”Musique a la Carte(ミュージック・アラカルト)”でカバーを発表しています

“Bye Bye Blackbird”の歌詞

以下に歌詞を掲載しておきます(和訳はけいや)

歌詞の内容は、憂鬱な日々に見切りをつけて実家に帰る歌です

「さよなら黒い鳥、私は実家に帰ります」ということです

Blackbird, blackbird, singing the blues all day 黒い鳥、黒い鳥、ずっと憂鬱な声で歌っている

Right outside of my door この扉のすぐ向こう側で

Blackbird, blackbird, why do you sit and say 黒い鳥、黒い鳥、なぜそこでさえずるのか

There’s no sunshine in store 日が射さないその場所で

 

All thru the winter you hung around, 冬の間中、君はぶらぶらしている

Now I begin to feel homeward bound そして私は家に帰りたいと感じ始める

Blackbird, blackbird, gotta be on my way 黒い鳥、黒い鳥、私は家に帰らなくちゃ

Where there’s sunshine galore 光に満ちたその場所へ

 

Pack up all my care and woe, 悩みや悲しみは全部鞄に詰め込んで

Here I go, singing low, さあ行こう、低く歌いながら

Bye bye blackbird さよなら、黒い鳥

Where somebody waits for me, 誰かが私を待っている場所へ

Sugar’s sweet, so is she, 愛する人よ、彼女がそこにいる

Bye bye blackbird さよなら、黒い鳥

 

No one here can love and understand me ここでは誰も私のことを愛し、理解しなかった

Oh, what hard luck stories they all hand me 彼らが私に与えるものは不運ばかりだ

Make my bed and light the light, ベッドメイクして明かりをつけておいて

I’ll arrive late tonight. 今夜遅くには到着するから

Blackbird, bye bye さよなら、黒い鳥

本歌詞はNick Lucasバージョンで記載していますが、カバーされる際はサビ部分だけが演奏される場合が多いようです〆

コメント

タイトルとURLをコピーしました