「にゃんこ大戦争」を遊ぶ

いわゆる携帯ゲームというものを一切プレイしたことがありませんでした

「こちとら幼少期から据え置き型ゲーム機で育ってきとるんじゃ!携帯ゲームなんていうぬるいゲームやってられるか!」

そう思っていました

そんな僕がある日偶然で出会ったのが「にゃんこ大戦争」

「にゃんこ」が「大戦争」するの?あの可愛いにゃんこが?

可愛いにゃんこに対する興味と、携帯ゲームに手を染める背徳感とに葛藤しながら、気づけば「にゃんこ大戦争」をダウンロードしていました

「おもしろい」

プレイを初めてすぐに思いました

可愛いにゃんこ達が次々と出てきて敵と戦います

操作は画面をタップするだけ

据え置き型ゲーム機に親しんだ自分からすると、この「タップするだけ」というのが、どうしても心理的に抵抗がありました

ゲームはやっぱりコントローラーを繰って、神経を研ぎ澄ませて、手に汗握ってやるもの

そういうステレオタイプがありました

しかし、「タップするだけ」でも十分楽しいのです

「画面をタップする」「にゃんこが出撃する」「敵を倒す」の繰り返し

この無限ループの中で脳の報酬系が刺激され、ドーパミンがドバドバ放出されるのを感じます

「もっと、もっとにゃんこ大戦争で遊びたい!」

どんどん夢中になり、ふと我に返ると以下のような状態でした

あっという間に80時間もプレイしていました

時間を消費すること沼のごとくです

しかし、世の中を見渡すと普通にプレイ時間が一桁違う方々が大勢いて、自分が携帯ゲームの駆け出し人であることを痛感いたします

しかも、だんだん敵が強くなってきて、にゃんこのパワーアップ速度が追い付かなくなってきてるんですけど

これは「君は初心者は卒業だから、そろそろ課金しなさい」という開発側からのサインなのでしょうか…

「課金…強くなりたい」

まるでステロイドの使用を悩む、ボディビルダーのような状況です

課金…どうしよう…〆

雑記
スポンサーリンク
keiyaをフォローする
けいやの雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました