Tommy Emmanuel – “Endless Road”のTAB譜

Tommy Emmanuel(トミー・エマニュエル)の”Endless Road(エンドレス・ロード)”のTAB譜(ギタースコア、楽譜)を作りました

本楽曲は市販の楽譜もありますが、どうしても自分で採譜したくてオリジナルのTAB譜を作成しました

いつもどおり細部までこだわった、真に正確なTAB譜となっています

“Endless Road”のTAB譜

採譜はPower Tab Editorです

以下のYouTubeで公開しています

採譜データ(.ptb&.pdf)は以下からダウンロード可能です(download here!)

スポンサーリンク
020_EndlessRoad_TommyEmmanuel.pdf

020_EndlessRoad_TommyEmmanuel.ptb

今回の採譜に使用した動画は以下になります

「トミー・エマニュエルのおすすめアルバム3選」の「個人的なおすすめ」でも記載していますが、”Endless Road”は個人的にも非常に思い入れの強い曲です

初めて”Endless Road”を聴いて衝撃を受けた「WoodSongs Old-Time Radio Hour」バージョンで採譜しました

“Endless Road”について

本楽曲の魅力は何と云っても曲のストーリー性でしょう

「ギター1本で物語を語る」とは正にこのことです

この曲の背景について知らない、初めて聴く人でも「嵐を乗り切り、再び歩き出す」というストーリーを感じることができると思います

この曲の個人的なイメージについて、以下のとおり解説してみます

メインテーマ(始まり)部分

「草原を駆け抜ける風」のように颯爽としたイメージです

この部分だけ聴くと、ただ単に明るい曲です

サブテーマ部分

テンポが少し落ち、曲調もマイナーになり、もの悲しさが出てきます

「人生は楽しいだけではない」という挫折のイメージが加わります

速弾きパート部分

「もの悲しい」から一気に「完全なる挫折」に落っこちます

速弾きの激しさから挫折の深さを感じ取ることができます

揺らぎパート部分

「すべてを失った後に残ったもの」といった感じです

何が残ったかというと、それはもちろん小さな希望であり、その希望の芽を育てるように、再び人生を歩み始めます

メインテーマ(終わり)部分

「メインテーマ(始まり)部分」と全く同じ曲なのですが、なぜか同じに聴こえません

こちらの方が「明るさ」に加えて「力強さ」を感じることができ、よりたくましく、前向きな印象を与えます

この「同じなのに同じに聴こえない」というのが”Endless Road”の凄さであり、ギター演奏の到達点でもあると感じます

そして、この偉業を可能にしたのはストーリーを伝える楽曲と演奏というわけです〆

コメント

タイトルとURLをコピーしました