映画「ツレがうつになりまして。」を観る

映画「ツレがうつになりまして。」を観ました

主演は堺雅人と宮崎あおい

人生を肯定したくなる良い映画でした

内容としては、夫(堺雅人)が鬱になり仕事を辞めるが、妻(宮崎あおい)の支えもあり、何とか人生を前向きに歩んでいくというもの

鬱の症状が良くなったり、悪くなったりする日常が淡々と描かれます

作品としては「少し単調すぎるかな」と思って観ていましたが、最後の夫のスピーチで「生きる姿が誇りである」と云いつつ、走馬灯のようにそれまでの日常シーンが一気に流されて、感動します

エンディングの音楽も、とても情感があって良いです

ところで、この映画、鬱が題材となっていますが、万人に当てはまる前向きなメッセージのオンパレードです

落ち込んだ時や家族みんなで観るのに良いのではと思います

生きる姿が誇り

どんな姿でも、情けなくても、生きている姿に誇りを持ってよい

上手くいかなくても、恥ずかしくても、生きて行こう

死んだらあかん

支えてくれる人は大事

配偶者や家族、友人、会社の同僚、みんなのお陰で今日も生きています

本当に辛いときは、ゆっくり静かに見守ってくれる人が居たほうが良い

逆に云うと、逆境の時に孤独だとかなりピンチ

周りの人に常日頃から感謝

出来ること、出来ないことを見分ける

出来ないからといって焦らない

「今はまだ出来ないな」で軽く受け流す

「これなら出来る」を見つける

小さな「出来る」を積み重ねるプロセスが、前向きに生きるということ

映画
スポンサーリンク
keiyaをフォローする
けいやの雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました